menu
閉じる
  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには
閉じる
閉じる
  1. 看護助手のおすすめテキスト
  2. 看護助手の資格を0円で取る方法とは
  3. 看護助手の資格は必要?
  4. 看護助手の資格取得方法
  5. 看護助手の仕事はこんな人におすすめ
  6. 生涯学習のユーキャン
  7. 看護助手の求人
  8. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  9. 看護助手資格試験に独学で挑戦
  10. 看護助手の呼び名の違い
閉じる

看護助手の資格を取ろう!

看護助手資格試験の難易度

看護助手の資格を取りたいと思ったとき「どれくらい難しいんだろう」「合格率ってどれくらいだろう」「独学でもとれるぐらいの試験なのかな」と気になりますよね。ここではそんな疑問にお答えしていきます。

 気になる合格率は?

主に2つの協会で検定検定試験をしており、主催団体により合格率は異なります。

 全国医療福祉協会

この協会が主催する看護助手実務認定試験の合格率は、60~80%となっています。資格試験の中では比較的高い合格率です。

独学では試験会場に試験を受けに行かなければいけませんが、ユーキャンの通信講座を修了すれば自宅にいながら申請するだけで「看護助手実務認定資格証」を取得することができます。

 医療福祉情報実務能力協会

この協会が主催する、メディカルケアワーカーの資格試験の合格率は1級が45%2級で55%となっています。

この資格試験には受験条件があります。

2級:実務経験1年以上又は、当協会指定教育機関においてメディカルケアワーカー(R)講座の受講を修了した者。

1級:メディカルケアワーカー(R)検定試験2級合格者

 難易度まとめ

独学で資格を取るのであれば、全国医療福祉協会の「看護助手実務認定資格」を目指すことになります。合格率は低くはないので独学でもがんばれば取れないことはないでしょう。

しかし、試験会場で決まった日時、場所で緊張する中試験を受けたくない、どんな勉強をしたらいいかわからない、というのであれば通信講座という選択肢もあります。

関連記事

  1. 看護助手のおすすめテキスト

  2. 看護助手の資格取得方法

  3. 看護助手資格試験に独学で挑戦

  4. 看護助手通信講座比較

  5. 看護助手実務能力認定試験(R)とは

  6. メディカルケアワーカー(R)とは

おすすめ記事

  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには

私も利用したおすすめサイト


※ユーキャンとヒューマンアカデミーの資料がまとめて無料で請求できます。請求後の電話などは一切ありません。

このブログは現在何位でしょう?

ページ上部へ戻る