menu
閉じる
  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには
閉じる
閉じる
  1. 看護助手のおすすめテキスト
  2. 看護助手の資格を0円で取る方法とは
  3. 看護助手の資格は必要?
  4. 看護助手の資格取得方法
  5. 看護助手の仕事はこんな人におすすめ
  6. 生涯学習のユーキャン
  7. 看護助手の求人
  8. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  9. 看護助手資格試験に独学で挑戦
  10. 看護助手の呼び名の違い
閉じる

看護助手の資格を取ろう!

看護助手から看護師を目指すには

看護助手をしている人の中には、ゆくゆくは看護師になりたいと思っている方も少なくありません。看護学生の方にも看護師のステップとして興味が高い仕事になっています。

又、仕事をしているうちに「私も医療行為がしてみたい」、「より専門的な仕事がしてみたい」、そんな想いがでてくることもあります。

看護助手の経験は、患者さんの日常に寄り添う仕事のため「患者さんが何を望んでいるか」「何が不安なのか」を的確に把握できる能力が育つため看護師になっても大いに役に立ちます。

 看護師と看護助手の違いは

まずは何が違うのかを押さえておきましょう。違いは、資格の違いです。

看護助手は民間資格、看護師は国家資格であることが大きな違いです。これによりできることが大きく異なってきます。

 どうすれば看護師の国家資格が取れるのか

それにはいくつか方法があります。

・看護専門学校を卒業する

・資格の取れる大学、短大を卒業する

・高校の衛生看護科を卒業する

・准看護師になってから正看護師を目指す

上記、准看護師になる方法以外はいずれも終業後に看護国家試験を受験して合格すると資格が取得できます。

いずれも通信講座のように短期で取れるものではなく平均3~4年はかかります

 時間とお金の確保が重要

看護師を目指している間は、勉強や実習が大変なのでなかなか働きながら資格取得を目指すというのが厳しいのが現状です。

このような現状なので、時間とお金の確保というのが重要になってきます。

 キャリアアップ体制のある病院や奨学金を検討する

看護師の資格を取るにはもちろんお金も必要になってきます。ここで検討したいのが奨学金と福利厚生です。

看護学生は比較的奨学金を受けやすい傾向があります。国、民間団体、学校の奨学金を検討してみましょう。

又、働く病院によっては看護学校を開設しているところもあり、看護師になってから一定期間働くことを条件に授業料が免除になることもあります。就職する際にはそんな条件も検討しましょう。

 看護師は何歳からでも目指せる仕事

比較的医療系の学校というのは、社会人になっても入学してくる人も普通にいます。30、40代で入学してくる人も普通にいます。そのため年齢によってあきらめることは決してありません。

 働きながら看護師を目指す道はないのか

色々な事情から今さら学校に通える時間も余裕もないという方もたくさんおられると思います。

そんな方にも看護師を目指せる1つの方法をご紹介します。

 准看護師という方法があります

准看護師」というのは聞いたことがあるでしょうか。働きながら看護師を目指すにはこの准看護師になるという方法があります。(准看護師について詳しくは「准看護師とは」の記事参照)

簡単に言うと准看護師とは、各都道府県知事が認定する看護師に準ずる医療資格です。この資格を取って准看護師として10年働けき、通信講座で一定単位とれば看護師の試験を受験することも可能です。

しかし、この資格は廃止になる可能性もあり早めの決断が必要な状況です。

 看護助手から看護師を目指すにはまとめ

看護師になるにあ大きく分けて、「働きながら取りたいのか」「一定期間学校に行って取るのか」に分けられます。

看護助手をしながら看護師を目指すにはこの「働きながら取る」方法を選択する必要があります。

働きながら取る場合には決断は早めにかつサポート体制のある職場を選びましょう。

関連記事

  1. 看護助手の資格は必要?

  2. 准看護師とは

おすすめ記事

  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには

私も利用したおすすめサイト


※ユーキャンとヒューマンアカデミーの資料がまとめて無料で請求できます。請求後の電話などは一切ありません。

このブログは現在何位でしょう?

ページ上部へ戻る