menu
閉じる
  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには
閉じる
閉じる
  1. 看護助手のおすすめテキスト
  2. 看護助手の資格を0円で取る方法とは
  3. 看護助手の資格は必要?
  4. 看護助手の資格取得方法
  5. 看護助手の仕事はこんな人におすすめ
  6. 生涯学習のユーキャン
  7. 看護助手の求人
  8. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  9. 看護助手資格試験に独学で挑戦
  10. 看護助手の呼び名の違い
閉じる

看護助手の資格を取ろう!

看護助手資格試験に独学で挑戦

 独学でも資格は取れるのか

資格試験で合格を目指すには勉強法の選択がとても重要です。

看護助手の資格は独学でも取ることは可能です。手順としては

①テキストを選び独学で勉強する

②検定試験の出願期間にインターネットか願書を郵送したのち指定口座に受験料を振り込む

③「看護助手実務能力検定試験(全国医療福祉教育協会主催)」

受験資格は特にないので誰でも受験することは可能です。

 独学のメリットとデメリット

看護助手独学

独学で資格取得を目指す際にはメリットとデメリットがあります。これらを正しく考えたうえで勉強法を決めましょう。

・自分のペースで勉強ができる

・好きな参考書で勉強ができる

・費用があまりかからない

 自分のペースで勉強できる

通信講座のように受講期限が決まっているわけではないので、自分の好きな時に好きなだけ勉強することができます。

 好きな参考書で勉強できる

通信講座のようにテキストが決まっているわけではないので、自分の好きな参考書で勉強することができます。

 費用があまりかからない

これが一番のメリットかもしれませんが、独学であれば参考書の費用と試験の受験料ぐらいの費用で受験することができます。

 独学のデメリット

看護助手独学

・テキストがこれでいいのかわからない

・わからないところをなかなか解決できない

・やる気が維持しにくい

 テキストがこれでいいのかわからない

通信講座のようにプロによってまとめられたテキストで勉強することができないので、このテキストで合っているのか、また方向性があっているのか、どの辺りがポイントなのかの判断が非常に難しいです。

 わからないところがなかなか解決できない

通信講座のようにいつでもわからないところを質問できる環境がないので、疑問点があってもなかなか解決しにくい上に時間もかかりさらには解決した答えが合っているのかもわからないという難しさがあります。

 やる気が維持しにくい

通信講座は3~6ヶ月という期間が決まっており、カリキュラムも途中途中で課題があるので強制的にペースを作りやすいですが、独学では完全に自由なためやる気を持続させるのが非常に厳しいです。

 独学はやっぱり難しい

看護助手独学

今までお話ししてきたように独学でやるのはなかなか難しいのが現状です。看護助手の資格試験も医療業界がはじめてであれば、やはり独学ではさらに厳しいでしょう。

でもどうしてもお金をかけたくない」「そうは言っても独学も厳しそう」「でも看護助手の資格はなんとしてもほしい

そんな想いを解決できる方法があります。

それは「かいご畑」というサイトの資格取得支援制度を利用する方法です。

これならば、あなた専属の介護資格をもったキャリアコンサルタントが就業の前も後もサポートしてくれて、さらに看護助手として働きながらなんと0円で資格を取得することができます。

看護助手

関連記事

  1. 看護助手のおすすめテキスト

  2. 看護助手の資格取得方法

  3. 看護助手資格試験の難易度

  4. 看護助手通信講座比較

  5. 看護助手実務能力認定試験(R)とは

  6. メディカルケアワーカー(R)とは

おすすめ記事

  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには

私も利用したおすすめサイト


※ユーキャンとヒューマンアカデミーの資料がまとめて無料で請求できます。請求後の電話などは一切ありません。

このブログは現在何位でしょう?

ページ上部へ戻る