menu
閉じる
  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには
閉じる
閉じる
  1. 看護助手のおすすめテキスト
  2. 看護助手の資格を0円で取る方法とは
  3. 看護助手の資格は必要?
  4. 看護助手の資格取得方法
  5. 看護助手の仕事はこんな人におすすめ
  6. 生涯学習のユーキャン
  7. 看護助手の求人
  8. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  9. 看護助手資格試験に独学で挑戦
  10. 看護助手の呼び名の違い
閉じる

看護助手の資格を取ろう!

看護助手の面接

看護助手の就職活動をするとき、「面接でなに聞かれるんだろう」「志望動機が思いつかない」「何を答えていいかわからない」などの不安もありドキドキしますよね。

面接で聞かれることは病院によってももちろん変わってきますが、ここでは面接でよく聞かれることや志望動機の例などを挙げていきます。参考にしてみてください。

 面接でよく聞かれる項目

・経験の有無

・なぜ看護助手がやりたいと思ったのか

・他の病院で働いていた場合、なぜ移動しようと思ったのか

・どうして当病院を選んだのか

・いつから働けるか

・早番・遅番の出られる割合

主にこんな内容が聞かれるようです。この中で特に迷うのが

なぜ看護助手をやりたいと思ったか

どうして当病院を選んだのか

でしょうか。それでは1つづつ考えてみましょう。

 

 なぜ看護助手をやりたいと思ったか

ポイントは、「人の役に立つことが好き」「コミニケーション能力がある」ことをアピールできるかです。

今までに部活やバイト、仕事などでコミニケーション能力を発揮した経験やボランティアなどで人の役に立った経験などを交えて話すと話しやすいのではないかと思います。

看護助手の資格や介護系の資格、介護の経験があると、やる気や即戦力としての期待がされるのでより強いアピールポイントになり就職にかなり有利です。

 

 どうして当病院を選んだのか

近いから、給料がいいから、条件が合ったからなど本音を言えばそうかもしれませんが、これをそのまま言うとあまり心象もよくありません。

これはその病院のHPは必ずチェックし、理念やどういう病院かを把握しそれを織り交ぜて答えましょう。さらにいいのは実際に行ってみるのが一番いいです。そこで感じた病院の雰囲気などを折り交ぜるとなおいいです。

関連記事

  1. 看護助手の資格を0円で取る方法とは

  2. 看護助手の求人

  3. 看護助手の志望動機

おすすめ記事

  1. 「ありがとう」の架け橋になれる仕事「看護助手」
  2. 看護助手から看護師を目指すには

私も利用したおすすめサイト


※ユーキャンとヒューマンアカデミーの資料がまとめて無料で請求できます。請求後の電話などは一切ありません。

このブログは現在何位でしょう?

ページ上部へ戻る